LOG IN

湾岸エリアの募集物件が減少している

by ふじふじ太

こんにちは!

ふじふじ太です!

東日本不動産流通機構のレポートによると、首都圏の中古物件在庫件数は高止まりしている中で、

成約件数は3ヶ月連続で減少し続けている、という気になるレポートがあった。

http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/mw_201807_summary.pdf

一方で、僕のエリア内である東京都湾岸エリアの在庫は減少傾向であり、むしろ「売り物が少ない」と嘆く声も同業者からも出ている。

蓄積しているデータを再確認したところ、湾岸エリア(湾岸マンション価格ナビ登録物件限定)の2017年8月中旬の募集物件総数が482件に対し、現在の募集総戸数は342件となり、前年より-140件で約30%在庫が減っているという結果となった。

在庫がないのは何となく営業をしている感覚から感じてはいたが、数字で出すと予想以上に減っていて驚いた!

エリア毎に見てみると、特に豊洲の在庫が減少傾向で、183件から107件に減少しており、約40%少なくなったという結果に!

下記記事では、湾岸マンションの在庫が溢れているというニュアンスで書いてますが、あまり現実が見えていないように感じる。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56701?page=2

東京オリンピックが近づき、エリア内の開発がどんどん進む中、一時期の停滞を乗り越えて売買市況が活発化しているのが、現場の実感である。

お部屋によるが、成約価格も最近は上昇傾向にある。

営業していても、やはり物件を探しているお客様は多く、決まっていない物件は成約相場から逸脱している物件か、もしくはオーナーチェンジの物件が多く残っているように感じる。

かぼちゃの馬車事件のおかげで個人投資家に対する銀行の風当たりは強いため、その影響も少なからずあるだろう。

オーナーチェンジの物件の在庫数は増えてきており、投資家さん達がオリンピック前に利益確定をさせようとしているような気もする。

オリンピック前後に一気に売却物件が増えるのではないかという予測があるのも事実だ。

ただ、個人的には、湾岸エリアは都心に近いというアクセスの良さがあるし、大規模なオフィスビルや新築マンションの開発もあるし、空はきれいだし、オリンピックはあまり関係がないように思うのだが。。

OTHER SNAPS